毛穴とスキンケア

毛穴が目立つなー。
私が始めて毛穴を意識したのは10代半ばだったと思います。

鼻の頭の毛穴と、腕などに毛が生えている毛穴が同じものだとは、なかなかイメージできませんでした。

「毛穴とは、その名のとおり体毛が生える穴で、0.1~0.2ミリの本当に小さな穴ですが、顔だけで20万~30万とある。」

そうなのか、同じなんだ。

あれから30年近くたっても、私、アラフォー女子はずっと毛穴に悩まされています。この毛穴こそが、お肌のトラブルの大きな原因だったんです。

毛穴が目立ってきたり、毛穴の中に白いものが詰まっていたり、黒ずんできたり、ニキビができたりとか、いろんなトラブルには決まって毛穴が関係しています。

私は面倒くさがりなので、洗顔ソープを使うのはお風呂に入るときだけ、朝は水洗いで済ませていました。いくらいい化粧品を使っても、これじゃダメだとやっと気づいたんです。

毛穴を意識したお手入れをしなければ!!

詳しいことはそれぞれのページを見ていただくとして、簡単に言うとこうです。

・毛穴には毎日汚れが溜まるから、毛穴の汚れをきちんと取り除こう。
・汚れを取り除いた後はしっかり保湿しよう。

言うのは簡単だけど、毎日これを意識して実行するには色々とコツがあって、私のような無精者はつい面倒になるんですよねー。

ソープや化粧品は単品でそろえても良いんですが、今は毛穴ケアにシステム化されたとてもいい化粧品があったのでいくつか候補に挙げてみました。リピート率の高い順です。


ビーグレン


まずはビーグレン(b-glen)です。

リピート率98%以上。
開発者の妻が、高級化粧品を使って一生懸命ケアしているのに肌がちっともきれいにならないので、それじゃということで、医療分野の第一人者だった社長が妻のためにケア化粧品を作ってやるとがんばってできた化粧品だそうです。

よくありがちな話ですが、これが日本じゃなくてアメリカの話だと言うんだからちょっと引き付けられました。ビーグレンはCMをしません。口コミだけで、日本にもビーグレンのファンが大勢いるんです。

ビーグレンはお肌の悩みごとにケア用品がシステム化されています。
詳しいことはこちらから。

⇒ 素肌自慢の秘密兵器 b.glen毛穴ケア



草花木果


毛穴用のリピート率は93%と高いです。
天然成分でできていて合成香料やパラペンなどは無配合です。

草花木果には、テカリ、毛穴落ち、ベタつき、化粧くずれ、肌色補正を瞬時にカバーでき、麻の力で皮脂を吸着して1日中サラサラ肌にする化粧下地です。

SPF=25PA++で紫外線もしっかりカットできるのがうれしいですね。化粧持ちアップ、素肌感アップ、天然成分で肌にうるおいを与えます。

詳しくはこちらから。

⇒ パックリ・凸凹毛穴をつるつるに!毛穴対策スキンケア


米肌


次はこちらの米肌(まいはだ)です。コーセーがつくっています。リピート率90%以上です。

お米を長時間熟成・発酵させてつくられたアミノ酸は「セラミド」を自ら算出できる優れもの。発酵による化粧品は他にもありますが、有名メーカーが作っているのが米肌なんです。

米肌もケア用品がシステム化されています。
詳しいことはこちらから。

⇒ 米肌トライアルセット


アミノリセ


造り酒屋さんの杜氏の手が、何歳になってもきれいなことにヒントを得て作られた化粧品だそうです。似たような化粧品はいくつかありますが、おそらく一番最初にできたのがアミノリセです。

金沢の福光屋は古い造り酒屋さんで、福正宗という日本酒を造っています。リピート率は80%前後で、かなり高いです。

こちらから。

⇒ 金沢・福光屋の無添加化粧品アミノリセ


アスタリフト


独自のナノ技術を応用した富士フイルムがつくっています。リピート率は非公開だが、松田聖子さんのCMもあって、かなり良いはず。

フイルム屋さんがつくっているのー、と思いましたが、そういえば大ヒットした化粧品がありましたね。ASTALIFT(アスタリフト)です。

フィルムの素材の一つは、実はコラーゲンだそうで、お肌と共通点があったんですね。毛穴ケアに特化したのがルナメアシリーズです。なお、ルナメアACはニキビ用なのでお間違えなく。

こちらから。

⇒ フジフイルムのスキンケア化粧品『アスタリフト』トライアルキット